プレイテック電子ピアノ【評判/口コミ/価格】初心者おすすめ
プレイテック電子ピアノPDP400、PFK88、PTK500の口コミ評判!PLAYTECH/プレイテック電子ピアノは初心者最初の1台におすすめ!評判、評価、口コミ、レビュー、販売店価格情報!

プレイテック電子ピアノ/PDP400/PFK88/PTK500の評判

 

【広告】

先着50名限定!半額キャンペーン中♪

↑↑画像をクリック♪↑↑

 

 

プレイテック電子ピアノ【PDP400】の口コミ評判

 

 

ピアノ音源はもちろんですが、個人的にはBright Acoustic Pianoの音色が心地よい低音を感じられて使いやすい印象。また、ストリングスアンサンブルの音色の絶妙なフェード感が良い!デュアルトーン機能を使って他の音色と混ぜると、ステージピアノとしても十分使える音色にも早変わり。価格やサイズ感を加味しても、自宅練習用のみならずステージ上で使うのにもおススメの電子ピアノです。

高価な電子ピアノと遜色ないほどいい音を鳴らしてくれます。そのほか、管弦楽器系の音色も再現性が高く、品質の良さを感じます。タッチ感もピアノタッチのため軽すぎず、メトロノームなどの基本的な機能も搭載されているため、クラシックピアノの練習用としてもおすすめです。

 

仕様

  • 鍵盤数:88鍵盤
  • 音色:238種類
  • リズム:200種類
  • デモソング:100曲
  • USB MIDI:○

 

寸法(実測値)

  • 幅:約132cm
  • 高さ:約19cm
  • 奥行:約29cm
  • 質量:12.25kg(譜面立てを含む)

価格:39,800円 (税込)

 

 

プレイテック電子ピアノ【PFK88】の口コミ評判

 

 

音色やリズムパターンは、それぞれ128種と満足できる量が収録されていおり、充電すればコードレスで演奏できるため、電源供給が困難な屋外での演奏にも使えるのが◎。さらに、付属のUSBケーブルを使用すればPCから電源供給をしつつMIDIキーボードとしても使用できます。また、使わないときは畳んでおけば、デスクも広々使用でき色々な使い方ができます。

折り畳むと横幅65cmまで小さくなり、専用ケースも付属するため持ち運びに超便利です。ボックス型の鍵盤のためピアノタッチとまではいかないものの、キーボードとして十分な弾き心地を味わえます。

 

仕様

  • 鍵盤数:88鍵盤
  • 音色:128種類
  • リズム:128種類
  • デモソング:21曲
  • USB MIDI:○
  • 連続動作時間:約4時間

寸法

  • 126×21×6cm(設置時)、65×21×12cm(折りたたみ時)
  • 質量:約4.0㎏(本体のみ)、約4.5㎏(本体+ケース)

価格:16,500円 (税込)

 

プレイテック電子ピアノ【PTK500】の口コミ評判

 

 

ボタンを押すと左手はアルペジオを自動で演奏する機能となっています。この機能を使えば、初心者の方でも簡単に演奏ができます!さらに、マイクを接続すれば弾き語りも楽しめます。

内蔵音源は価格を考えれば健闘していると思いますが、ぶ厚い音色を期待する場合は、複数楽器を1音色にまとめたsymfony等のコンビ音色と、レイヤーの使いこなしが鍵になる。ただし、スピーカーの音質は・・・?なので、MDR-7506などのハイ上がりヘッドフォンで聞くのがおすすめです。

 

仕様

  • 鍵盤数:61
  • タッチ:タッチレスポンス5段階+OFF
  • 音色数:プリセット580音色
  • 最大同時発音数:64
  • レイヤー:〇
  • スプリット:〇
  • ツイン:〇

寸法

  • 946*360*118㎜
  • 質量:5.1㎏

価格:19,800円 (税込)

 

 

先着50名限定!半額キャンペーン中♪

 

 

電子ピアノの魅力

 

 

音源・機能が豊富

自分の演奏を録音・再生したり、ピアノ以外の様々な楽器の音色を鳴らしたり、自動演奏で音楽鑑賞を楽しんだりと、アコースティック楽器にはない楽しみ方が出来るのも、電子ピアノの魅力です。さらにBluetooth対応機種や、専用アプリに対応した最新機種も続々登場しています。

 

こだわりの鍵盤

各メーカー上級機種になるに従い、よりグランドピアノのタッチに近い仕様になります。単に打鍵の強さによる音量の強弱だけではなく、音域によってタッチの重さを変化させたり、高感度センサーによる連打性や表現力の向上により、グランドピアノに迫るリアルな演奏感を実現しています。

 

ヘッドホンに対応

デジタルなので音量の調節が可能です。そして、何よりスピーカーの音を消してヘッドホンで聴きながら演奏ができるので、夜間でも住環境など周囲を気にすることなく演奏を楽しめます。ヘッドホン端子が複数付いている機種では、複数人で演奏を聴くこともできます。

 

軽量かつコンパクト

コンパクトで設置もラクラク。持ち運び可能なモデルは、どんな場所でも演奏できます。お部屋の模様替えも気軽にできます。引越しの際も、アコースティック・ピアノのように専門業者は必要ありません。

 

電子ピアノの仕組み

 

電子ピアノは打鍵による力を電気信号に変換し、搭載されている音源を再生することで音が鳴ります。音源は大きく分けて「サンプリング音源」と「モデリング音源」の2種類に分類されます。サンプリング音源とは、実際の楽器から1音1音丁寧に録音して作られた音源です。モデリング音源は、本物の楽器の動きを計算し、コンピューターにて再現して作られます。

 

対してグランドピアノやアップライトピアノなど、アコースティックピアノと呼ばれるピアノは弦や響板を搭載し、打鍵によるハンマーの上下で弦を振動させて音が鳴ります。
打鍵していない他の弦への共鳴や、タッチ感による弦の振動の違いによって、音の響きを自由自在に変化させることが可能です。

 

電子ピアノの価格

 

ピアノに慣れていきたい初心者の方は、5~10万円前後で購入できるモデルがおすすめです。電子ピアノは各メーカーからさまざまな価格帯で販売されています。価格が上がるにつれて、使用できる機能や音源、鍵盤のタッチ感がグレードアップするため、用途や予算に合わせて検討しましょう。より安く、手軽に鍵盤楽器を始めたい方は、キーボードも候補に入ってきます。電子ピアノよりもタッチが軽く、持ち運びやすい軽量・コンパクト設計のものが多いため、想像以上に便利です。

 

スピーカーの数、音色数

 

スピーカーの数はコンパクトな電子ピアノだと左右に1個ずつスピーカーが付いているものが主流ですが、グレードが上がるにつれて、左右に複数個ずつついているものなどが出てきます。スピーカーの数が多いほど音に広がりや立体感が出て、演奏に臨場感が増します。特に本体の下にもスピーカーがついていると、楽器全体が響いている感じが出ます。音色数は10前後~300以上と、機種によって大きく異なります。普段ピアノの音色しか使わないという方も「ピアノ音色のバリエーションがどれくらいあるか」はチェックしてみても良いと思います。

 

鍵盤の素材

 

木製鍵盤
上位モデルになると、生ピアノと同じく鍵盤が木でできているものが多くなります。生ピアノに近い重さのあるタッチが得られる傾向があります。レッスン用なら木製鍵盤を選びましょう。また、ROLANDからは木と樹脂を組み合わせてタッチ感と耐久性を両立した「ハイブリッド鍵盤」搭載モデルも出ています。

 

象牙調・黒檀調仕上げ
ピアノの白鍵は象牙、黒鍵は黒檀という木材が最高級とされ、その風合いを再現した鍵盤です。表面がザラザラしているため指が滑りにくく、弾き心地も良いです。

 

樹脂鍵盤
低価格モデルはプラスチック製の鍵盤が多いです。鍵盤表面がツルツルしていて、タッチ感が軽い傾向があります。

 

機種によって鍵盤の重さ、返りの速さ、沈みこみの深さなど千差万別です。

 

プレイテック電子ピアノの評判まとめ

 

 

プレイテック電子ピアノ【PDP400】

音色、タッチともにより今までのモデルよりもグレードアップした、高級感のある電子ピアノです。音色やリズムも豊富なため評判もよく幅広い音楽をお楽しみいただけます。自動伴奏機能を使えば曲に合わせて最適な伴奏を付けることができ、初心者の方も楽しく演奏できます。伴奏の音量調整も可能。操作パネルは、スマートなデザインと、ツマミやボタンの操作感の心地よさにこだわっています。

 

プレイテック電子ピアノ【PFK88】

半分にたたむことができる収納や持ち運びに便利と評判の88鍵ポータブルキーボードです。リズムと音色はそれぞれ豊富な128種を内蔵しています。デモソングやメトロノーム、自動伴奏やボタンによるサステイン機能など、演奏の際に便利な機能も多数搭載。充電式かつ専用のソフトケースが付属するため、どこへでも持ち運んで演奏できます。

 

プレイテック電子ピアノ【PTK500】

多くの機能を搭載して高コスパと評判のポータブルキーボードです。タッチパッドやピッチベンドホイールで直感的に音色を操作。最適な伴奏を付けてくれるアルペジエーターにより、初心者でも手軽に楽しめます。内蔵マイクで録音してオリジナルの音源も作成できて、そのほかキーボードの基本的な機能は網羅しています。

 

 

 

先着50名限定!半額キャンペーン中♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

運営者情報 プレイテック電子ピアノ情報局
連絡先 下記のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

 



お問い合わせフォーム
姓名 必須
メールアドレス 必須
このサイトのURL 必須
お問い合わせ内容 必須

 

 

 

プライバシーポリシー&免責事項(プレイテック電子ピアノ【評判/口コミ/価格】初心者おすすめ)

 

【プライバシーポリシー】

 

・個人情報の利用

 

当サイト「プレイテック電子ピアノ【評判/口コミ/価格】初心者おすすめ」では、メールでのお問い合わせの際に、姓名、メールアドレスの個人情報をご提供していただきます。個人情報は必要な情報を電子メールでご連絡する場合にのみ利用させていただくものであり、個人情報をご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。

 

・個人情報の保管

 

お客さまの個人情報への不正アクセス・漏洩等を防止するため、安全対策やセキュリティ対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

 

・個人情報の開示

 

次の場合を除いて、個人情報を他者へ開示することはありません。

 

・提供者の同意がある場合
・法令に基づく場合
・不正行為やその他の違法行為を防ぐ場合
・お客様への開示

 

【免責事項】

 

当サイト「プレイテック電子ピアノ【評判/口コミ/価格】初心者おすすめ」は、アフィリエイトプログラムを使っていますので、お問い合わせは店舗様のほうに直接ご連絡くださいますようお願い致します。当サイトのリンクによって他のサイトに移動された場合、移動先のサイトで提供される情報、サービスについて一切の責任を負いません。また、リンク先サイトの内容について一切保証するものではありません。

 

当サイト「プレイテック電子ピアノ【評判/口コミ/価格】初心者おすすめ」のコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、必ずしもそれらの正確性を保証するものではありません。誤情報が入り込んだり、情報が古くなっている場合もございます。当サイトに関する記事は、個人的な主観をもとに書いており、すべての人に当てはまるというものではありません。商品のご購入に関する最終的な判断はご自身の責任でお願い致します。当サイトをご利用することで発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。

 

【損害等の責任】

 

・当サイトに掲載された内容によって損害等が生じた場合、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
・当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。
・当サイトの保守、火災、停電、その他不可抗力によって、当サイトによるサービスが停止したことに起因して利用者に生じた損害についても、何ら責任を負うものではありません。

 

 

「うっきうきピアノマスタークラス」とは?

 

オンライン版付属でどこでも超手軽にレッスンを受けられる

通常の個人ピアノ教室では、オンライン教材はなく本の教材で対面レッスンです。

オリジナル教材がプログラムに付属している

通常の個人ピアノ教室では、オリジナルの教本を使わずに、市販の教本です。

毎月の課金が一切なく買い切り

一般的な練習アプリやオンライン通信講座は月額課金が基本的なスタイルとなっています。しかし、今回の「うっきうきピアノマスタークラス」は買い切り講座のため、受講にあたって毎月の課金は一切発生しません。

チャットでいつでも問い合わせができる

通常の個人ピアノ教室では、家で練習中に分からないところを気軽に質問できません。

オールカラーでポップなイラストでデザイン

一般的な教本は、コストを抑えるために白黒かモノクロ印刷か、または勉強感の強いデザインで書かれている物が多くあります。これに比べて、「うっきうきピアノ」はオールカラーでプロデザイナーによるポップでかわいいイラストデザインを採用しています。

冊子は新PUR製本でしっかり見開ける

市販の教本は一般的に見開くと安定しないためすぐに倒れてしまい、やる気を削がれることがあります。その点を考慮して「うっきうきピアノ」の教本および楽譜集は『新PUR製本』法で、見開いてもそのまま安定してくれるので、ストレスなく練習することが可能です。

DVDはちゃんと高齢者でも確認できる画質

書店市販品やインターネットで販売されている教材の中には画質が最悪のものあり、それだけで独学していくやる気が削がれてしまう場合があります。本教材は、オンライン版の画質はもちろん、DVDの映像も「くっきり」で、しっかり確認することができます。

みんなの前で発表用の楽譜集がある

市販教材の多くは、「練習曲」はあくまで「練習曲」であり、発表を前提としていないことがほとんどですが、本教材は「練習曲」を人前で弾いたとしても十分聞き応えのある名曲アレンジに仕上げています。さらには、そのお披露目をするときの発表用の本格的な「楽譜集」も付いています。